唐津西が延長十回に2点を勝ち越し、鳥栖工に3―1で競り勝った。

 唐津西は初回、2死三塁から4番森上の適時二塁打で先制。延長十回には敵失などで2死一、二塁とし、2番阿部が右中間への2点適時三塁打を放ち、勝ち越した。先発阿部は6安打8奪三振と力投した。

 鳥栖工は八回に2番野口奨の二塁打で同点に追い付く粘りを見せたが、わずかに及ばなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加