サガン鳥栖は後半立ち上がりにFW石井のゴールで先制したが、その後同点に追い付かれ、1-1で引き分けた。

 拮抗(きっこう)した試合展開が続く中、鳥栖は前半23分に決定機を迎えた。FKの流れから、ゴール前で放ったDF原のヘディングシュートはGKの好守に阻まれ、こぼれ球に反応したFW豊田のシュートは、相手DFにゴールライン目前でクリアされた。

 後半6分、MF原川の右サイドからのクロスをMF小屋松が折り返し、FW石井がダイレクトで合わせて先制点を奪った。その後も鳥栖はサイド攻撃から好機をつくったが、追加点を奪えなかった。逆に30分、C大阪のMF坂元に左足でミドルシュートを決められた。

このエントリーをはてなブックマークに追加