胸部疾患の知識啓発と予防意識の向上を目指す「複十字シール運動」を進める2団体が1日、県庁を訪れ、結核対策の充実などを陳情し、活動に理解を求めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加