松尾佳昭町長に寄付金の目録を手渡した陶都有田青年会議所の立花聡理事長(右)=有田町役場

 陶都有田青年会議所は22日、有田町に463万9895円を寄付した。同町と姉妹都市関係を結ぶドイツのマイセン市との交流事業に役立てられる。

 寄付金のほとんどが、約30年前に大相撲の巡業を主催した際の益金という。立花聡あきら理事長(38)は「(同事業で)子どもたちの交流がますます活発になり、焼き物業界の向上、ひいては町全体の発展が進むよう願っている」とあいさつした。

 目録を受け取った松尾佳昭町長は「しっかりとした交流ができるよう、この財源を有効活用したい」と謝辞を述べた。マイセン市への青少年派遣の際、引率者向けの助成などに使う予定という。

このエントリーをはてなブックマークに追加