佐賀大附属病院は1日、2001年7月に40代の女性患者(当時)に心臓手術を行った際、縫合に使った針を取り残す医療事故があったと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加