3回戦・神埼清明-北陵 2点を追う最終回の攻撃を前に気合を入れる神埼清明ナイン=みどりの森県営球場

 ○…昨夏の佐賀大会で4強入りした神埼清明は、散発5安打無得点と相手投手陣を打ち崩せず、3回戦で姿を消した。

 0-0で迎えた四回、2死満塁。2年の吉田裕哉が打席に立った。昨秋から4番を任せられていたが、休校明けから調子が上がらず、この日の打順は8番。歯がゆい思いを胸に「自分のバットで先制点を取りたい」と意気込んだが、思いは届かず三振に終わった。

 五回以降、チームはわずか2安打。「あの時に打てていたら」と吉田。「先輩のために打席で結果を残せなかった。強くなって戻ってくる」と涙ながらに誓った。

 昨夏は投打に力のある選手を擁して快進撃を演じたが、ことしの3年生は6人だけで、SSP杯は若いチームで臨んだ。主将の垣副純也は「この経験を力に、来年は必ず県の頂点に立ってほしい」と後輩に思いを託した。

このエントリーをはてなブックマークに追加