3回戦・神埼清明-北陵 7回裏北陵1死三塁、3番石井柊次(右)のスクイズで生還する三走大坪達希=みどりの森県営球場(撮影・米倉義房)

 ○…両チームの投手の好投でスコアボードにゼロが並ぶ展開に、小技で突破口を開けた。北陵は少ない好機で確実に犠打を決め、得点につなげた。昨夏4強の神埼清明に2-0で勝利。1点を奪い取る勝負強さが光った。

 六回、無死一、二塁からの犠打が敵失を誘い、1点を先制した。続く七回、先頭の1番大坪達希が中前打で出塁すると、暴投と犠打で走者を三塁へ進めた。

 打席には3番の石井柊次。主軸の一人に対し、吉丸信監督が出したサインはスクイズだった。「監督の野球を信じていればいける。スクイズには自信があった」と石井。打球をきっちり転がし、3走大坪を生還させた。「1点でチームに余裕を持たせられたと思う。素直にうれしかった」と石井。投手陣も吉武寛人、加藤滉央の無失点リレーで応えた。

 2試合で13犠打と持ち味を存分に発揮し、昨夏に続いて8強入りを果たした。吉丸監督は「8強なんてまだまだ。あと3回は勝たないと」と次を見据えながらも満足そうだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加