小技を絡めて好機をものにした北陵が2―0で神埼清明に競り勝った。

 北陵は六回、5番揚村の中前打と四球で無死一、二塁とすると、7番福井の犠打が敵失を誘って先制点を奪った。七回には1死三塁から、3番石井がスクイズを決めてリードを広げた。

 神埼清明は2度三塁に走者を置いたが、後が続かず、粘投の馬場を援護できなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加