3回戦・早稲田佐賀-多久 3回裏多久2死二、三塁、6番瓦田輝流が中前に2点適時打を放つ=みどりの森県営球場

 ○…多久は中盤まで試合の主導権を握っていたが、八回に集中打で逆転を許し、早稲田佐賀に5―6で敗れた。野口晃監督は「3年生中心にいい雰囲気で戦えていたが、最後に流れを渡してしまった」と肩を落とした。

 1点差に詰められた直後の三回裏2死二、三塁、6番瓦田輝流が打席に立った。初戦は好機で三振を喫し、「今日こそは絶対に打つ」と瓦田。ファウルで粘った後の8球目を捉え、中前への2点適時打でリードを広げた。

 だが、エース谷村翔が八回に相手打線に捕まった。5本のヒットを集められて4失点。「谷村の調子は全然悪くなかった」と捕手の七浦楓斗。谷村は「いつも通りに投げていたが、力負けだった」と気丈に話した。

 12人の3年生を中心に一丸となって戦い、初戦はシード校の白石を延長十回サヨナラで破った。主将の七浦は「負けたのは悔しいけど、この仲間と一番いい試合ができたのはよかった」と涙を拭った。

このエントリーをはてなブックマークに追加