早稲田佐賀が八回に一挙4点を奪い、多久に6-5で逆転勝ちした。

 早稲田佐賀は3点を追う八回、2番鶴田からの3連打で1点をかえし、なお2死一、二塁で6番井上の2点適時二塁打で同点とした。さらに7番糸氏が左越え適時二塁打で続き、勝ち越した。

 多久は6番瓦田の2点適時打などで三回までに5得点を挙げて優位に試合を進めたが、終盤のピンチで踏ん張れなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加