3回戦・太良-伊万里 完投した伊万里の主戦長尾崇大=みどりの森県営球場

 ○…伊万里の主戦・長尾崇大がマウンドで躍動した。初回に2点を許したものの、二回以降は180センチの長身から投げ下ろすストレートを持ち味に相手打線を2安打に封じた。「視野を広く持ったピッチングができた」と満足げに語った。

 初回、1、2番に連続四球を与える不安定な立ち上がりとなり、2点を失った。「緊張もあり、落ち着かずにふわふわしていた」と長尾。しかし、打線が序盤のうちに同点に追い付くと、「気持ちにも余裕ができた」。切れのある直球に変化球を織り交ぜ、的を絞らせない投球を見せた。

 準々決勝の相手は敬徳で、伊万里勢同士の対決となる。長尾は「あまり考えすぎずにリラックスして、チームの勝利に貢献できるピッチングをしたい」と気を引き締めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加