参加者のパスを見守る佐賀バルーナーズの水町亮介アカデミーコーチ(中央)=佐賀市立体育館

参加者のスローを見守る佐賀バルーナーズの水町亮介アカデミーコーチ(右)=佐賀市立体育館

 バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)に昇格した佐賀バルーナーズ(佐賀市)は23日、小中学生に指導するアカデミーを開校した。B1クラブでプレー経験がある水町亮介コーチ(38)=佐賀市出身=の指導の下、競技の普及と裾野の拡大を目指す。

 アカデミーは学年別で三つのクラスに分かれており、初日は体験者を含めて、キッズ(小学1~3年)11人、ミニ(小4~6年)18人、アドバンス(中1~3年)15人が参加した。キッズの部では、水町コーチがパスの出し方やボールの取り方など基本をアドバイスし、子どもたちは1対1でのシュート練習にも挑戦した。

 23日現在で、全3クラスに約25人が入会を申し込んでいるという。水町コーチは「楽しみながら上達するメニューを考えていきたい」と話した。練習は諸富文化体育館をベースに週1回、キッズは1時間、ミニ、アドバンスは1時間半開く。入校希望者を募っており、問い合わせはサガスポーツクラブ、電話0952(37)3300。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加