陸上男子400メートルリレーで優勝した敬徳チーム。第1走者の加茂央誠からバトンを受け走り出す倉光慧(右)=佐賀市のSAGAサンライズパーク陸上競技場

 ○…男子400メートルリレーは、敬徳が昨年の県総体を制した佐賀工に競り勝ち、初の栄冠に輝いた。中核を担う3年生2人が、チームのため、この日の個人種目には出場せず体力を温存。リレーに全力をぶつけ、敬徳陸上部の歴史に新たな1ページを刻んだ。

 1走・加茂央誠と2走・倉光慧はともに3年生で、リレーに強い思い入れがあった。全国総体出場が懸かった昨年の北九州陸上の同種目で、加茂がコースラインを踏んでしまい、チームは失格に。加茂は「記録を残せなかった3年生に対して、申し訳ない気持ちだけが残った」と振り返る。

 その悔しさを晴らそうと臨んだ決勝。加茂が力強い加速で抜け出してトップでバトンをつなぎ、前日の100メートルで3位の倉光もエースらしい走りでその差を広げた。3走で佐賀工に追いつかれたが、アンカーの田口世渉(2年)が、3年生の思いに応える力走で抜き返し、トップでゴールに飛び込んだ。

 優勝を決め、荒木宏文監督と抱き合って喜んだ敬徳チーム。加茂は「先輩たちや、予選に出たメンバーの思いがつながって優勝できた。今までの陸上人生で一番のレース」と声を弾ませた。

このエントリーをはてなブックマークに追加