終盤の追い上げも実らなかった。昨夏の佐賀大会を制した佐賀北は、敬徳に3-6で敗れた。序盤から中盤まで毎回のように失点して後手に回る展開となり、本村祥次監督は「攻守でいつもの流れをつくれなかった」と肩を落とした。

 3点を追う四回。2年生エース・荒谷紘匡は、悪い流れを断ち切ろうと救援のマウンドに立った。だが、「0点に抑えなきゃと思って力んでしまった」。四回こそ無失点に抑えたものの、五、六回に3失点を喫してリードを広げられた。打線も敬徳のエース・井上翔を打ち崩せず、六回まで無得点に抑えられた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加