初戦で第1シードの佐賀学園を撃破した敬徳は、勢いそのままに昨夏の甲子園に出場した佐賀北も破って8強に名乗りを上げた。序盤から効果的に得点して主導権を握ると、エースの井上翔を中心に、小技と機動力が持ち味の相手に本領を発揮させなかった。リードした捕手の中野稜斗は「コースを突いた厳しい配球を心掛けた」と満足そうな表情だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加