脚の故障を乗り越え、集大成の舞台で自己ベストの走りを見せた。男子400メートル決勝は、鳥栖工の山下譲尊(3年)が県高校記録を塗り替える47秒21で頂点に立った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加