3回戦・敬徳-佐賀北 6回表敬徳2死二、三塁 4番井上翔が左中間2点適時打を放ち、6-0とリードを広げる=佐賀市のみどりの森県営球場

 佐賀県高校総体と全国高校野球選手権佐賀大会の代替大会「SSP杯県高校スポーツ大会」は23日、佐賀市のみどりの森県営球場などで野球、ソフトボール男子、陸上の3競技が行われた。

 野球第5日は3回戦1試合があり、敬徳が昨夏の甲子園出場校・佐賀北を6-3で破って準々決勝進出を決めた。太良―伊万里は一回表途中に降雨ノーゲームとなり、早稲田佐賀―多久とともに24日に順延となった。決勝は当初予定から1日遅れ、31日に開催されることになった。

 ソフトボール男子は大分県代表校との交流試合を行い、牛津が日田林工に4-2で五回降雨コールド勝ちした。陸上は、男子400メートルの山下譲尊(鳥栖工)が47秒21の県高校新記録で優勝した。

 24日は同球場などで野球の3回戦3試合と陸上の最終日が行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加