日赤佐賀県支部の川久保三起子事務局長(左)に目録を手渡す松尾建設の村岡祐吉取締役佐賀支店長=佐賀市の日赤県支部

 松尾建設(本店・佐賀市、松尾哲吾社長)が21日、令和2年7月豪雨災害の義援金200万円を日赤佐賀県支部(同市)に寄付した。義援金には職員からの寄付が含まれており、同支部を通じて、熊本県など支援の申請があった被災地域に送られる。

 目録贈呈式では、松尾建設の村岡祐吉取締役佐賀支店長(61)が「昨年の佐賀豪雨では他の県から助けてもらった。数十年に一度の規模の災害が毎年のように起きている。力になれれば」と話した。

 日赤県支部の川久保三起子事務局長(59)は「大変ありがたい。いただいた義援金はしっかりと被災地の皆さまに届けていく」とお礼を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加