中野建設(佐賀市、中野武志社長)は、道路の舗装作業を自動管理するシステムを佐賀県内で初めて導入した。重機で路面を踏み固めた場所などがリアルタイムで確認でき、強度や耐久性の向上が図れるという。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加