産官学連携で暮らしやすい住宅を提案する「SAGA健康・省エネ住宅推進協議会」(会長・市場正良佐賀大医学部教授)が発足した。室内温度の低下による健康被害に着目し、断熱性を高める住宅改修を推進。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加