小中学校への早急なエアコン設置を求める署名を手渡した市民団体の代表ら=唐津市役所

 唐津市でエアコンが設置されていない小中学校がある問題で、「唐津エアコン設置を考える連絡会」は22日、全校にエアコンを整備することを求める署名4106筆を市に提出した。

 連絡会は、県教職員組合唐津支部や唐津市民の会など九つの市民団体でつくり、10~21日に署名を集めた。

 全校への早急なエアコン設置に加え、生徒数の多い大規模校を優先する形での本年度中のレンタルエアコン設置を求めた。

 藤瀬憲一代表(74)は「学校にエアコンが設置されていないことを知らない人が多かった」と署名活動を振り返り、「子どもの命と健康を守ってほしい」と強調した。市側は坂口順之秘書課長が対応した。

 市立の小中学校51校のうち未設置は29校で、17校は12月末までに工事を終える予定。統廃合を検討する7校と大規模な改修を予定する5校は設置計画がまとまっておらず、市が財源や手法を検討している。

このエントリーをはてなブックマークに追加