みやき町が定住促進策の一環で今年4月から実施している出生祝い金制度で、最高額の50万円が給付される第5子への初めての適用があった。同町東尾の会社員宮原一弘さん(33)、恵子さん(34)夫妻の三男輝(ひかる)君で、宮原さんは「町全体で祝ってもらっているようでうれしい。