鳥栖-清水 後半ロスタイム、勝ち越しを狙って攻め込む鳥栖MF原川力(右)。前半35分にはリーグ戦6試合目でチームの今季初ゴールとなるミドルシュートを決めた。試合は1-1で引き分けた=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖は第6節の22日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで清水エスパルスと対戦し、MF原川が今季のチーム初ゴールを決めて1-1で引き分けた。通算成績は3分け3敗(勝ち点3)で順位は16位。

 川崎は小林の2ゴールなどで仙台に3―2で逆転勝ちし、5連勝の勝ち点16で首位を守った。昨季覇者の横浜Mは13年ぶりのダービー戦で横浜FCに4―0と大勝した。

 名古屋は大分に3―0で快勝し、3連勝の勝ち点14で2位に浮上。G大阪も1―0で広島を下して連勝を3に伸ばした。

 湘南は鹿島に1―0で競り勝って初勝利を挙げ、柏は浦和に4―0と完勝。札幌―FC東京、C大阪―神戸は引き分けた。

 第7節は26日に9試合があり、鳥栖は午後7時から同スタジアムでC大阪と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加