江戸時代からの干拓地が広がる鹿島市常広新籠区(宮崎憲治区長)で26日、伝統の「龍神祭」があり、区民約40人が参加した。紅白の餅を載せた舟「龍神丸」を有明海に流し、五穀豊穣と豊漁への願いを込めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加