2回戦・厳木-武雄=みどりの森県営球場

 【評】武雄は終盤に打線がつながり、厳木を八回コールドで退けた。

 武雄は4-4の同点で迎えた六回、四球やヒットで得点圏に走者を進めると、7番古川の2点適時打などで4点を勝ち越した。七、八回にも追加点を挙げ、一気に勝負を決めた。

 厳木は六回に3番力石の右前適時打を皮切りに同点に追い付いたが、粘りも及ばなかった。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加