唐津市町田の「中野陶痴窯」で、来年の干支(えと)「未(ひつじ)」の置物作りが佳境を迎えている。唐津焼の細工物を得意とする中野霓林(げいりん)さん(64)が、ヒツジ独特の柔らかい質感を巧みに表現。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加