【評】唐津西が終盤に勝ち越し、粘る三養基に5―3で競り勝った。

 唐津西は同点で迎えた七回、相手から5四球を選んで2点を勝ち越した。先発阿部は130キロ台の直球を中心にリズム良く打ち取り、6安打に抑えた。

 三養基は3点を追う六回、7番木原の適時打などで一度は同点としたが、救援していた猿渡が七回に制球を乱した。

このエントリーをはてなブックマークに追加