かま蔵のカレーごぼう天うどん

 うどんのだしに肉うどん用の肉と煮汁を少し入れ、片栗粉で溶いたカレー粉を加える。その熱々の和風カレーだしにふわふわもっちりのめんが入り、さらに直径15センチ、厚さ2センチのゴボウかき揚げと手切りのネギが乗っかる。人気のカレーごぼう天うどん(700円)。用心しないとやけどしてしまう。

 自家製のうどんめんは外はふわふわ、中はもちもち。1時間ゆがいてゆで置きし、注文があると再び湯にくぐらせる。うどんめんとは違う粉を使う細めんの「さいめん」、そばもある。

 だしは「特別なものは使っていない。いろいろ工夫してうちならでは味を守っている」と店主の高山京みやこさん(60)。ネギとゴボウは必ず手切り。ゴボウ天やエビ天は、衣を含めてうどんのだしに入っておいしくなるように考えている。一年を通してあるおでんも人気だ。

 店は1979年、両親の橋口幸昌さん(86)信江さん(86)夫婦が始めた。高山さんは3年ほど前に店を継ぎ、今は2人の息子や娘とともに店を切り盛りする。昨夏の佐賀豪雨の浸水被害も乗り越え、親子孫3代でつなぐ味だ。

 

▷佐賀県武雄市北方町志久2040―2
▷11時~15時、17時~20時
▷かけうどん(390円)、釜揚げうどん(470円)、みそうどん(510円)なども。
▷火曜定休
▷0954(36)2964

 

このエントリーをはてなブックマークに追加