【評】北陵が7犠打6盗塁と、小技と機動力を生かして嬉野を下し、3回戦に勝ち進んだ。

 北陵は三回、敵失と盗塁で得点圏に走者を進めると、2番松尾の右前適時打を皮切りに、6番加藤の2点適時打など一挙4点を奪った。四、八回にも追加点を挙げて主導権を渡さなかった。

 嬉野は三回に1死満塁と先制の好機をつくったが、生かせなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加