水難者を乗せて港へ搬送する訓練を行う唐津署の警備艇=唐津湾

 唐津署(福島寛人署長)は17日、唐津市二タ子の佐賀県ヨットハーバー付近の海で行方不明者の捜索、救助訓練を行った。NPO法人の唐津湾小型船安全協会と唐津市消防本部も参加。本格的な海水浴シーズンを前に、約30人が救助の手順や各機関との連携などを確認した。

 大雨による増水で、松浦川河口から海へ男性2人が流されたという想定。1人目の水難者を唐津署の警備艇が救助に向かったものの流木や浅瀬で近付けず、小型船安全協会の水上オートバイ(青バイ隊)が救助して警備艇へ引き渡した。

 2人目の救助訓練には消防の「ドローン」隊が出動し、2機のドローンが海に浮かぶ水難者を発見。水上オートバイが水難者の元に急行して救助し、警備艇が港まで搬送した。唐津署の片渕博之警備課長は「災害時は関係機関の連携が大事。手順や連携の在り方などを確認でき、有意義な訓練だった」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加