衆院選の投開票日が目前に迫った12日、各候補者は最後の力を振り絞る総力戦に入った。突然の解散から約3週間の超短期決戦。「0増5減」によって広がった新選挙区で支持を拡大しようと、声をからしている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加