「U-CARフェア」の中山俊彦実行委員長(右)から、目録を受け取る佐賀ビッグフットの中尾朱実副代表=佐賀市のガーデンテラス佐賀

 今年2月に開かれた特選中古車を販売する「U-CARフェア」に出展した県内8社の正規ディーラーが17日、遺児の居場所づくりなどに取り組む「佐賀ビッグフット」(佐賀市)に、売り上げの一部12万千円を寄付金として贈った。

 佐賀市新栄東のガーデンテラス佐賀で贈呈式があり、同フェアの中山俊彦実行委員長が「子どもたちの支援にお役立ていただければ」と話し、佐賀ビッグフットの中尾朱実副代表に目録を手渡した。中尾副代表は「温かい支援に感謝している。子どもたちの心に届く活動をしていきたい」とお礼の言葉を述べた。

 地域貢献の一環で、佐賀ビッグフットへの寄付は3回目。同フェアは、県自動車販売店協会と県軽自動車協会が主催し、2日間で121台の成約があった。

このエントリーをはてなブックマークに追加