佐賀県が20年ぶりに投入した県産イチゴの新品種「いちごさん」の2シーズン目の作付状況や販売実績がまとまった。栽培面積は初年の約3・5倍、63・5ヘクタールまで拡大。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加