国営諫早湾干拓事業をめぐっては、佐賀、長崎の両地裁や福岡高裁、最高裁まで含め、いくつもの裁判が乱立しているが、12日の請求異議訴訟の判決が持つ意味は群を抜いて重い。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加