明治初期の岩倉使節団で全権副使を務めた山口尚芳(ますか)(1839~94年)を顕彰する「範蔵祭り」が12日、出身地である武雄市武雄町花島区であった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加