第91期棋聖戦5番勝負の第4局で渡辺明棋聖と対局する藤井聡太七段=16日午前、大阪市の関西将棋会館(日本将棋連盟提供)

 初タイトル獲得年少ベスト5

 将棋の藤井聡太七段(17)は16日、大阪市の関西将棋会館で指された第91期棋聖戦5番勝負の第4局で渡辺明棋聖(36)を破って3勝1敗とし、最年少の17歳11カ月でタイトルを奪取した。1990年、屋敷伸之九段(48)が記録した18歳6カ月を30年ぶりに更新する快挙を成し遂げた。

 高校生プロが初めて挑んだひのき舞台で、トップ棋士を相手にシリーズを制した。若き棋聖の誕生により、新時代の幕が開けた。

 藤井新棋聖は、最年少の14歳2カ月でプロ入り。2017年6月にはデビューから無敗で最多の29連勝を達成した。1日に開幕した王位戦7番勝負にも挑戦中。第2局を終えて2連勝しており、二冠目の獲得を目指す。

 棋聖戦は八大タイトル戦の一つ。5番勝負の勝者に棋聖の称号が与えられる。【共同】

号外はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加