佐賀市諸富支所の内田政広支所長(左)に目録を手渡すおおかわ信用金庫の古賀巧理事長=佐賀市の同支所

 おおかわ信用金庫(福岡県大川市)は14日、新型コロナウイルス対策に役立ててもらおうと、佐賀市諸富支所に消毒液85リットル分と専用容器を寄贈した。手指消毒用として公民館などに設置する。

 同信用金庫は、75度の高濃度アルコール(500ミリリットル)1340本と容器300本を購入し、営業店がある佐賀市諸富町や大川市など5自治体に寄贈した。

 諸富支所への贈呈式が14日に開かれ、おおかわ信用金庫の古賀巧理事長は「お客さまが多い地域で、何か喜ばれることができないかと寄贈を決めた。利用者が多い公民館などで役立ててもらいたい」と述べた。

 諸富支所の内田政広支所長は「感染防止の物品がなかなか手に入らない状況で、寄贈いただき感謝している」とお礼を述べた。

 消毒液とボトルは今後、町内の公民館や各自治会に贈る。

このエントリーをはてなブックマークに追加