第91期棋聖戦5番勝負の第4局で渡辺明棋聖を破り最年少タイトルを獲得した藤井聡太七段=16日午後、大阪市の関西将棋会館(日本将棋連盟提供)

 藤井聡太七段

 将棋の藤井聡太七段(17)は16日、大阪市の関西将棋会館で指された第91期棋聖戦5番勝負の第4局で渡辺明棋聖(36)を破り、対戦成績を3勝1敗とし、最年少の17歳11カ月でタイトルを獲得した。1990年、屋敷伸之九段(48)が作った18歳6カ月を30年ぶりに更新。若き棋聖の誕生で新時代の幕が開けた。

 タイトル保持者となった高校生プロは、1日に開幕した王位戦7番勝負で木村一基王位(47)に挑戦。第2局を終えて2連勝とリードし、二冠目の獲得を目指している。

 藤井新棋聖は、2016年10月のプロ入りから3年9カ月でのタイトル獲得。最速は屋敷九段の1年10カ月。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加