鹿島市の干潟交流館

 鹿島市音成の干潟交流館で七つの「夏休み教室」が開かれる。市の主催でカニの標本作りなどの工作体験や水族館の仕事体験、生き物撮影会を企画した。小学生以上の親子で参加する。先着順でそれぞれ定員10人。参加無料。各教室と開始時間は次の通り。

 【カニのスノードームを作ろう】24日午後2時、透明な容器の中で雪が舞うような置物を作る。

 【カニの標本作り】26日午後2時、小3以上の親子が対象となる。

 【干潟の生き物撮影会】8月2日午後2時と8月18日午後3時の二つの日程がある。小4以上対象で長靴を持参。

 【水族館のお仕事体験】8月4日午前10時、対象は小3~6(付き添い不要)。

 【テンポドロップをつくろう】8月11日午後2時、対象は小3以上。19世紀にヨーロッパで天候予測器に使用されたストームグラスから発展したオブジェを作る。

 【スマホで生き物観察】8月15日午後2時。

 問い合わせは干潟交流館、電話0954(60)5028。申し込みはメール kouryu01@po.asunet.ne.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加