■70年代 絆や差別、青年の目で 佐賀市金立町の元商社マン深川勝郎さん(65)が、1970年代初頭のアメリカ留学時代の思い出をつづった回顧録「ハロー&グッバイ、ストックイン」を自費出版した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加