佐賀県軟式野球連盟と佐賀新聞社は、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮して中止としていた「高円宮賜杯第40回記念全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント佐賀県大会」(日本マクドナルド協賛)を9月19日から開催することを決めた。

 全日本学童軟式野球大会は例年、5月から県大会を開催しているが、新型コロナの影響で「小学生の甲子園」と呼ばれる8月の全国大会が中止となり、県大会も見送りになった。ただ、このところ県内の感染状況は落ち着いており、時期を遅らせて開催することにした。

 大会は出場全チームによるトーナメント方式から変更し、13支部の予選を勝ち抜いた16チームで競う。9月19、20日と10月3日の3日間実施し、決勝は佐賀市の佐賀ブルースタジアムで行う。優勝チームは、11月21日から県内で開かれる王貞治杯九州学童大会に出場する。

 佐賀新聞社では7、8月の予選に出場する全122チームの選手を随時紹介する。

 (17日付で鹿島支部6チーム、伊万里支部10チームの選手を紹介)

このエントリーをはてなブックマークに追加