富士町の間伐材を有効活用しようと10日、同町のフォレスタふじで「ECOでPOPな文化祭」が開かれる。表札づくりのイベントがあり、佐賀北高の書道部員が間伐材の杉板に、来場者の名字などを揮ごうする。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加