唐津市の新庁舎建設工事の安全祈願祭が15日、西城内の現地で行われた。免震構造を採用し、窓口機能を1、2階に配置するなど、利便性や機能性が高い庁舎に建て替える。2022年5月に完成する予定で、同年8月の開庁を目指す。 1962年に建設された現庁舎は老朽化に加え、耐震性が不足している。