選挙の仕組みを学んだ白石高の生徒たち=白石町の同校

 高校生の「18歳選挙権」への理解を深めるため、佐賀新聞社による主権者教育の出前授業が15日、白石町の白石高(岸川美和子校長)で開かれた。3年生118人が白石町が抱える課題を学び、インターネットを使った模擬投票を体験した。

 佐賀新聞武雄支社の岩本大志記者が冒頭、人口減少問題など白石町の現状を説明した。小中学校の統廃合に触れ、「町全体の風景が変わる大きな問題」と語り、身近な政治に関心を持つように呼び掛けた。

 模擬投票では3人の教師が候補者となり、動画でPR。災害に関する施策では「避難所のライフラインの充実」「避難経路の整備」「避難所数を増やす」とそれぞれ主張した。生徒たちは熱心に聞き入り、タブレット端末を使って投票した。昨年、同校で実施した政治に関するアンケートを基にした授業も行われた。

 3年の石橋藍介さんは「候補者の意見はどれも正しいが、より自分と近い意見を探すのが難しかった」と振り返った。新型コロナウイルス対策で、1、2年生は教室でリモート視聴した。

 ※後日、特集面で詳報。

このエントリーをはてなブックマークに追加