大阪や沖縄などの中高生が合同で演じる舞台「新龍神伝説 風の声がきこえる」が2日、基山町町民会館であった。地元の基山小の5、6年生6人も参加し、平和への願いや心のつながりを歌や踊りを交えて表現。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加