論戦低調も政策見極め 衆院選は14日、投開票を迎える。突然の解散から20日余り。安倍政権の経済政策「アベノミクス」や原発再稼働、社会保障などの争点について、佐賀県内の有権者は十分に吟味できたのか。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加