第六章 三軍暴骨(二十二) 大久保は何事も時間通りに行うのを好む。 早朝に起きて家族との朝食をゆっくり取り、八時きっかりに三年町三番地の自邸を出る。そうすると八時半には太政官のある赤坂仮御所に着く。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加