「夏休みは九陶で遊ぼう」のチラシ

 有田町の県立九州陶磁文化館は21日から、体験イベント「夏休みは九陶で遊ぼう」を開く。焼き物の風鈴に絵を描いたり、粘土で小物を作ったりできる。8月30日まで。

 風鈴作りは、白い風鈴に色鉛筆やサインペンなどで絵を描き、完成させる。大、小、花の形(輪花)の3種類があり、音を鳴らすための舌がハート形をしている。大が高さ約8センチ、直径約7センチ。1個各600円。

 色が付いたタピオカスライム粘土のキット(500円)では、キャラクター作りなどが楽しめる。ペンギンやヒヨコなどの見本を用意している。

 折り紙は無料でできる。希望者は午前9時から午後4時半の間に入館する。月曜休館(祝日は翌火曜が休館)。問い合わせは同館、電話0955(43)3681。

このエントリーをはてなブックマークに追加