初回に失った1点が、最後まで重くのしかかった。昨秋の県大会を制し、第1シードで臨んだ佐賀学園は、再三の好機を生かせず、敬徳に0-1で敗れた。木村佳正監督は「チャンスをつぶしてしまった。悔しいですね」と肩を落とした。 1年の秋からエースナンバーを背負ってきた浜野翔太が奮闘した。