【評】多久が延長十回までもつれ込んだ打撃戦を制し、白石にサヨナラ勝ちした。

 多久は延長十回、無死から1番白木克が四球で出塁。2番堤が犠打を決め、3番七浦は申告敬遠。1死一、二塁から4番辻の遊ゴロが敵失を誘い、二走白木克が生還した。

 白石は七回までに4点のリードを奪って優位に進めたが、投手陣が終盤踏ん張れなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加